株式会社アグリマート

製品情報

レイミーのAI害虫同定計数システム

株式会社アグリマートは、衛生害虫管理のサポートツールとして「レイミーのAI害虫同定計数システム」を日本農薬株式会社、株式会社NTTデータCCSと共同開発しました。

システムでできること(主な機能)

  • 捕虫器(ライトトラップ)で捕獲した虫の虫種の同定
  • 捕虫器(ライトトラップ)で捕獲した虫の数のカウント
  • 診断レポートの自動作成と診断結果のクラウド管理
  • 顧客情報、捕虫器設置場所の管理

ご利用シーン

  • 害虫管理会社における同定業務のサポートツールとして
  • 製造現場での害虫管理ツールとして
  • 飲食店等での害虫管理ツールとして
  • 大規模施設の害虫管理ツールとして

システムの特徴

高額な導入費用は不要

PCやタブレットがあればシステムの利用が可能。既存の捕虫器、捕虫紙を利用でき、専用機材などの新たな設備投資は不要です。

利用料金は月額制

利用料は1アカウントごとの月額定額制。自社の業務量に応じて契約アカウント数をお決めいただけます。

AIの診断精度は継続的に向上

AIの学習を継続的に実施し、定期的にバージョンアップするため、診断精度は継続的に向上します。

報告書作成の自動化

煩雑な報告書作成業務とデータの管理を自動的に行います。

期待できる効果

・タイムリーな報告と対策提案

今まで人間の労力に頼っていた同定業務にAIを活用することでスピード化が図れます。

タイムリーな報告と対策提案が可能となります。

・業務の効率化、新規ビジネス提案

同定業務の効率化はもちろん、レポートを武器にさらなる取引先獲得が期待できます。

・同定業務の分業化、人材活用

専門知識を持つスタッフはより高度な業務に特化し、一般的な同定業務にAIを活用することでスタッフの負担軽減と限られた人材の適正配置に寄与します。

AIを用いた同定・計数診断イメージ

AI診断の流れ

STEP1
顧客情報の登録(初回のみ)

「取引先情報>施設名称>捕虫器」と階層を分けて登録できるので、大型施設にも対応しています。もちろん、1箇所に複数台の捕虫器がある場合も問題なく登録できます。

STEP2
捕虫紙情報の登録(AI解析)

捕虫紙を撮影した写真をアップロードし、捕獲した虫の種類の同定と数のカウントをAIが自動で解析します。

STEP3報告書の作成

診断結果の確認と修正、考察の入力が完了したらデータベースに登録するとともに報告書のダウンロードが可能です。

同定可能な虫種は25種(2022年4月時点)

ユスリカ、ヨコバイ、コクヌストモドキ、チョウバエ、ハヤトビバエ、クロバエ、クロバネキノコバエ、ニセケバエ、ガガンボ類、ノミバエ、ガ類、アリ科、アブラムシ、小型ハチ類、カツオブシムシ、ハネカクシ、大型ハエ、タマバエ、アザミウマ、ショウジョウバエ、カ、チャタテムシ有翅虫、シバンムシ、トゲハネバエ、コクゾウムシ

技術仕様

  • OS:Windows、MacOS、iOS
  • ブラウザ:Microsoft Edge、Google Chrome
  • 機器:PC、Mac、iPad
  • 回線:10Mbps以上
  • 利用サーバー:AWSサーバー

資料ダウンロード

システムに関するお問い合わせ

システムに関するご質問・詳細なご説明やデモの要望、システムのお申込み方法など下記メールアドレスまたは、本サイトのお問合せページからお気軽にお問い合わせください。

pco-sales@agrimart.co.jp